痛くなるその前に

富士市富士宮市 ダイエット&腰痛肩こり予防のトレーニング ピラティススタジオForever31 佐野信江です。

先日、胃がん検診で胃カメラを体験してきました!

ちょうど1ヵ月前に、胃の調子が悪くなり、急に不安になったので予約をとったのでした。

ところが、体調が良くなってきたとたん、「行かなくてもいいかな~?」などと、のど元過ぎれば熱さを忘れるといったケシカラン思いが頭に浮かび・・・。

いやいや、早く行って来なよ。

早期発見に越したことないよ。

という、やさしいメンバーさんのお言葉に背中を押され、イヤイヤ行って来たのでした。

「腰痛は、痛くなってからだと、良くなるのに時間がかかりますよ。」

「ああ、疲れたなと思ったら、すぐに対処しなきゃだめですよ。」

「今ちゃんとやっておけば、何かあっても最小限に抑えられますよ。」

などと、えらそうなことを言っている割には、自分のこととなるとダラダラとだらしない・・・。

IMG_20180626_112850

結果、悪いところはなかったのです。

3ミリくらいのポリープがありましたが、放っておいても大丈夫なくらいでした。

「口からやるより、いいでしょ?来年また来てね。」

とお医者さんはいってくれたけど、イヤイヤ、鼻からも大変だから!

塩水を大量に鼻から飲み込んだ感じ。

のどの奥が麻痺してつばが飲み込めない。

ひ~、早く始まってよ、早く終わってよ。

という思いでいっぱいでした。

大きな声じゃ言えないけど、やらずにこしたことはないな。

普段から、食べすぎ飲みすぎに気をつけて、消化の良いものを少しずつ食べる。

よく嚙んで、ゆっくり時間をかけて食べる。

そういう、当たり前のことを馬鹿にしないでちゃんとやる。

これに限りますね。

運動も、まとめてやらずに、毎日少しずつ。

少しずつを毎日コツコツと。

そうやって、自分の力になっていくのですよね。

 

一ヶ月前に調子悪かったのは、きっと食べ過ぎたからですね。

反省・・・。

看護師さんが、カメラを通している間、ずっと肩をさすってくれたのがせめてもの救いでした。

受付の人が笑ってくれる、

看護師さんがさすってくれる、

お医者さんがこっちを見てくれる、

そういう小さなことがありがたい。

自分もみなさんをスタジオにお迎えするときに、レッスンだけではない何かを、身につけていたいと思いました。

食べすぎには気をつけますです、ハイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です